筆跡鑑定は結果連絡まで無料

2017-05-29

筆跡鑑定の鑑定作業を無料化。業界初の取り組みです!

これまでの筆跡鑑定は,鑑定作業と報告書作成が1セットだったため,鑑定結果がお客様のご意向と沿わない場合でも報告書が作成され,鑑定料金がかかりました。お客様には,鑑定結果が分からないうちに料金が発生するというリスクがあり,積年の検討課題の一つでした。
田村鑑定調査では,このようなお客様のリスクを軽減するため,鑑定作業と報告書作成を切り離し,役務である筆跡鑑定の作業費を無料とし,結果報告まで行うこととしました。

報告書が必要なお客様は,有料にてお求めください。弊所ではお客様のニーズに合わせ,多様な報告書を取り揃えております。
報告書が不要な方には,お預かりした筆跡資料を着払いで返送し終了します。

筆跡鑑定は今後,以下の流れで行います。

お客様は,筆跡の資料を集めて送るだけで,鑑定結果を無料で得ることができます。
他所で行われている,鑑定結果の「方向性を見る」や「予測をする」などと異なり,鑑定作業を100%終えた正式な鑑定結果です。報告書を作成する段階で鑑定結果が変更になるデメリットがなく,安心して報告書作成へお進み頂けます。

※鑑定結果の報告は電話やメールで行いますが証明力はありませんのでご注意ください。「鑑定人がこう言った」などと吹聴されましても,弊所では一切の責任を負いかねます。また,筆跡鑑定はお悩みを抱えていらっしゃる方のための役務であるため,本来の利用目的を外れた方はご遠慮願います。同業者や二次利用が明らかな者あるいは,冷やかしや嫌がらせ等と判断される場合には受け付けません。

報告書が必要なお客様 

お客様の中には,鑑定結果の如何によらず報告書が必要な方もいらっしゃいます。
そのようなお客様には,筆跡鑑定の作業から報告書作成までを超特急 で行います。
鑑定依頼の際に作成する報告書をご指定いただき,鑑定料金をお支払いいただく流れになります。


他所と異なる5つの特長

1,専門家も認める高度な鑑定技術。

筆跡鑑定の方法と技術は,現役鑑定人が所属する鑑定方法及び,鑑定技術認定会議で認められた,適正な鑑定方法を採用しており,同業者も認める高い専門技術による筆跡鑑定を行っています。
加えて,最高裁判所事務総局民事局の「鑑定人になられる方のために」に基づき,わかりやすく,客観性が高い公平な筆跡鑑定書の作成をしており,複数回にわたりご愛顧いただいている弁護士様も数多くいらっしゃいます。

2,筆跡・印章・特殊鑑定の連携。

筆跡鑑定のほか,印章鑑定や,赤外線透過検査をはじめとする特殊鑑定を連携させることにより,精度の高い各種鑑定が可能となるため,筆跡鑑定と印章鑑定を統合した鑑定書や,赤外線透過検査により可視化できた筆跡の鑑定など,多角的な鑑定書を弊所単独で作成することができます。

3,用途に合わせた多様な報告書。

筆跡鑑定を依頼する目的は「筆跡が同一人か別人か知りたい」という方から,「交渉相手に専門家の意見を提示したい」という方,「鑑定結果を裁判所に提出したい」という方など様々です。
田村鑑定調査では,お客様の用途に合わせた報告書をご用意しています。

御自身のために筆跡鑑定の証が必要な方には,リーズナブルな簡易報告をお勧めします。

第三者に提示する報告書が必要な方には,簡易解説の付いた筆跡異同診断書が最適です。

鑑定結果を裁判所に提出する方には,詳細解説で作成する本鑑定書をお勧めしています。

4,お客様窓口の充実。

最初のご相談が充実していることはもちろんのことですが,弊所では,筆跡鑑定終了後のご質問やアドバイスを,アスターケアとして5年間行います。これは,筆跡鑑定が終了したからといって,お客様のお悩みが解決したことに直結する訳ではなく,むしろ筆跡鑑定の結果を得られてからの方が,今後の対処の仕方などのご質問が沸き上がるのではないかとの考えにより,2005年から取り組んでいます。

また,筆跡鑑定の方法や技術をはじめ,鑑定内容を精査して万全を期しており,これまで多くの鑑定実績は信用を裏付けるものとなっていますが,筆跡鑑定の素人でもあるお客様に少しでも安心してご依頼いただけるよう,業界初の取り組みとして,チェックシートによる全額返金保証制度を導入しました。
弊所では鑑定報告書と併せて,お客様チェックシートをお送りしていますので,鑑定内容に不備がある場合,チェックシートをご活用いただくことで,円滑に,振込手数料や送料を含めた,鑑定依頼に費やされた料金の全額を返金いたします。

5,個人情報・企業情報の保護を徹底。

当研究所の鑑定人は「個人情報保護士」の有資格者です。重要情報が漏洩してしまうリスクを理解し,それを回避する専門知識を有しており,常に取り組んでいます。ご相談内容が外部に漏洩することはありません。
ご依頼の際には,鑑定用資料をお預かりすることについての誓約書に,署名押印したものをお渡ししております。


筆跡や印章に関する,お悩みをお聞かせください。

ご相談は,鑑定人が直接承ります。

お客様と鑑定人の面談の様子日々の暮らしの中で,
「筆跡に関する思わぬ疑念がわいた」,
「身に覚えのないトラブルに巻き込まれた」…
そんなときには,迷わず田村鑑定調査へご相談ください。筆跡に関するお悩みを,筆跡鑑定をはじめとする各種鑑定で総合的に解決します。
「どんなふうに話せばいいのか…」
心配はご無用です。鑑定人が直接,お客様に最善のアドバイスをさせていただきます。
ご相談で解決してしまう例も少なくありません。

過去のご相談事例

遺言書や契約書などの一般的なご相談を始め,壁にスプレーで落書きした筆跡や,いじめなどで人体に書かれたなど特殊条件下にある筆跡鑑定や,消してしまった鉛筆痕から文字を読み取る,又は,黒塗りされた筆跡を再現する「筆跡の可視化」,答案用紙の鉛筆と赤ペンの筆跡は,どちらが先であるかという「執筆順序調査」,活字で作成された怪文書が,誰によって作成されたのかといった「語句分解調査」,過去に書いたとされる筆跡と,真正な当時の筆跡との「執筆時期整合性調査」など…,ご相談の数だけ内容も多岐にわたります。
あらゆる問題に真剣に取り組みますので,どんなお悩みでもご相談ください。


 

Page_Top