筆跡鑑定の報告書や筆跡鑑定書の説明

筆跡鑑定の報告書作成と所要日数

筆跡鑑定の目的に合わせカスタマイズ

筆跡鑑定は結果がどのようになるかが分からないため,初めから高額な費用をかけることはお勧めしておりません。また,お客様により筆跡鑑定の目的が異なるため,弊所では筆跡鑑定の結果がお客様のご意向に沿う場合に目的に合わせた報告書を作成できるようアドバイスをさせていただいております。
下記は,筆跡鑑定の結果をお伝えするための報告書を鑑定内容別・用途別に分類したものですが,鑑定日数が短くて筆跡鑑定の費用が廉価になるよう,お客様の目的に合わせカスタマイズいたします。

簡易報告

【簡易報告】は筆跡鑑定を御依頼いただいたお客様に「鑑定結果をお伝えすること」を目的とした最もシンプルな報告書です。筆跡資料の掲載等がなく証明には不向きですが,筆跡鑑定がどのような結果になるかわからない初期段階やご自分だけで結果を確認したいという方にお勧めです。

署名鑑定簡易報告

お名前の筆跡鑑定を行い結果報告をいたします。筆跡鑑定書のような詳細な解説はありません。怪文書の筆跡鑑定では文字数の少ない単語などにもご活用いただいております。
お急ぎの方用に,電子メールで筆跡資料のやり取りをさせていただき,最短で即日に結果報告することが可能です。
[ 11,000円(税込)所要日数 即日~2日 ] 報告書サンプル

筆跡鑑定簡易報告

お名前と住所や文章などの筆跡鑑定を行い結果報告をいたします。筆跡鑑定書のような詳細な解説はありません。
[ 22,000円(税込)所要日数 即日~3日 ] 報告書サンプル

集団鑑定簡易報告

領収証や払戻請求書など文字数が少数の書類が複数枚あるとき,まとめて筆跡鑑定を行い結果報告をいたします。鑑定資料3枚以上から作成いたします。
[ 鑑定資料1通当たり11,000円(税込)所要日数 数日 ] 報告書サンプル

鑑定事項証明書

【鑑定事項証明書】は,弊所において筆跡鑑定が確かに行われたことを証明するためのご信用に値する報告書です。筆跡資料を掲載することにより筆跡鑑定の結果とリンクするため第三者への証明用としてお勧めしております。
なお,初めから鑑定事項証明書をご依頼いただくこともできますので,第三者への証明が必要な方は是非こちらをご利用ください。

鑑定事項証明書(署名鑑定)

書類などに執筆されたお名前の筆跡鑑定を行い,鑑定を行った書類と比較対照した書類を掲載し筆跡鑑定が確かに行われたということを証明する書類です。怪文書の筆跡鑑定では文字数の少ない単語などにもご活用いただくことができます。
お急ぎの方用に,電子メール等で筆跡資料のやり取りをさせていただき,最短で即日に結果報告することも可能です。
[ 22,000円(税込)所要日数 即日~3日 ] 報告書サンプル

鑑定事項証明書(文書鑑定)

遺言書などの文書を筆跡鑑定し,その鑑定結果と鑑定を行った書類や比較対照した書類を掲載して,筆跡鑑定が確かに行われたということを証明する書類です。
[ 33,000円(税込)所要日数 即日~7日 ] 報告書サンプル

鑑定事項証明書(集団鑑定報告)

領収証や払戻請求書など,文字数は少ないが調べたい書類の枚数が多いという筆跡鑑定にお勧めです。鑑定資料3枚以上から作成いたします。
複数の不審な書類に対して被疑者1名の筆跡鑑定を行い,鑑定結果を1冊にまとめて報告します。
[ 鑑定資料1通当り22,000円(税込)所要日数 3日~7日 ] 報告書サンプル

鑑定事項証明書(特別編集)

筆跡鑑定の報告書は証明力を持たせる必要があるため,簡易報告書を除き,鑑定資料と対照資料を掲載しますが,対照資料が掲載されることにより,資料提供者など関係者の方にご迷惑が掛かることが懸念される場合などに,対照資料の一部または全部を別冊として発行します。
特別編集を適用することにより,報告書をご覧になる第三者には,対照資料を伏せることができます。
[ 各報告書にプラス1,100円(税込)]

筆跡鑑定書

【筆跡鑑定書】は裁判所提出用です。筆跡資料の掲載や筆跡鑑定を通じて得られた各種情報の掲載,筆跡鑑定の結果に至った理由を記載いたします。

署名鑑定書

署名文字専用の,裁判資料に対応した筆跡鑑定書です。鑑定作業で取得した執筆時期の乖離状況の情報掲載や1文字ごとの鑑定所見を行い,結論までをわかりやすく記述いたします。
[ 110,000円(税込)所要日数 7日 ]

筆跡鑑定書

遺言書や住所と氏名が書かれた契約書など,広く一般的で最も需要のある筆跡鑑定書です。鑑定作業で取得した各種情報の掲載や1文字ごとの鑑定所見を行い,結論までをわかりやすく記述いたします。解説する文字数は鑑定人にお任せいただきます。
[ 220,000円(税込)所要日数 10日 ]

筆跡鑑定書(集団鑑定)

領収証や払戻請求書など,文字数は少ないが調べたい枚数が多いという筆跡鑑定専用の鑑定書です。鑑定資料3枚以上から作成いたします。
[ 鑑定資料1通当り99,000円(税込)所要日数 応相談 ]

筆跡鑑定 反論書

弊所で行った筆跡鑑定の結果が他所の鑑定結果と異なる際に,他所の鑑定書の内容を分析し反論を行います。鑑定資料と対照資料が同じ書類であることが作成条件になり,通常は弊所の筆跡鑑定書と併せて製本します。また,後日相手方が筆跡鑑定書を提出し,鑑定結果が弊所と異なる場合には単独で作成することもできます。
[ 220,000円(税込)]

筆跡鑑定の結果を予測する

筆跡鑑定結果予測

お手持ちの鑑定資料と対照資料で筆跡鑑定を行った際の結果予測をいたします。鑑定資料が怪文書等で複数あるときや,対象者が複数人いるとき等に事前検査をすることで,正規の筆跡鑑定における有効性を図ることが可能です。書面1枚の報告書になります。オプションとして検査を行った書類を掲載できます。
[ 5,500円(税込)所要日数 1日~ ] [ オプション 1,100円(税込)] 報告書サンプル

方向性診断

筆跡鑑定の必要な書類が大量にあるとき,事前検査により結果予測を行い,筆跡資料に有効な書類を選別します。10件以上からご利用いただけます。追加1件につき1,100円です。報告書は検査結果のみをお知らせしますので,検査を行った資料の枚数により報告書のページ数が変わります。オプションとして検査を行った書類を掲載できます。
[ 33,000円(税込)所要日数 5日 ] [ オプション 11,000円(税込)]

その他の報告書

筆跡鑑定 異見書

他所の筆跡鑑定書に対し,筆跡鑑定の過程や資料の取り扱い方,結果を導き出した根拠となる理由,公正性や客観性を欠く不合理な根拠の有無などを調査し,不明確な点などを異見(異なる見解)書としてまとめ作成します。弊所での筆跡鑑定を行う必要がないため短期間で作成でき,意見陳述の補佐としてご利用いただけます。
[ 110,000円(税込)所要日数 10日 ]

筆跡鑑定面談報告

鑑定事項証明書を作成し結果報告を面談にて行います。鑑定事項証明書には記載されていない文字の解説や鑑定結果に至る根拠などを口頭でお伝えいたします。また,その場でご質問やご相談を承ることや,ご希望により弁護士紹介もいたします。
面談時間は2時間程度です。
[ 66,000円(税込)]

筆跡・印章鑑定報告書

「筆跡と印影の報告書を,セットで作成してほしい」とのご要望にお応えして,2016年に導入しました。筆跡鑑定は「鑑定事項証明書(文書鑑定):33,000円」,印影鑑定は「簡易印章鑑定書(33,000円)」の内容で作成しますので,個別に御依頼いただくと66,000円になりますが,1冊にまとめることにより,11,000円引きとなります。
[ 55,000円(税込)所要日数 3日~7日 ]

上記の用語と注意点

所要日数について

料金表の解説にある「所要日数」とは,着手から報告書作成までのおおよその日数です。ご依頼いただいた案件の内容により変動するため,基本的に納期保証は致しかねます。また鑑定は先着順に行っておりますので,順番をお待ちいただくことがございますがその日数は所要日数に含みません。

報告書の発行部数

簡易報告と鑑定事項証明書の発行部数

[一般のお客様] 通常は1冊のみ発行しておりますが,必要に応じて2冊まで発行することができますので,ご依頼の際にお申し付けください。
なお,報告書発送後にご注文の場合は1部につき2.750円をご負担いただきますのでご注意ください。

[弁護士様等] 弁護士様や司法書士様など,訴訟を代理される方などには2冊発行いたします。

裁判所へ提出する鑑定書等の発行部数

裁判所へ筆跡鑑定書等を提出される方には,一般のお客様・弁護士様などを問わず通常製本1冊,未製本1冊の計2冊を作成いたします。

通常製本

表紙にケント紙を用いて製本した一般的な装丁の鑑定書です。「正本」としてお使いいただきます。

未製本

お客様や代理人(弁護士等)様のご判断で「副本」をご用意される際に,コピーが取りやすいよう製本をしていない鑑定書です。装丁は,Z式ファイルで綴じているだけなので,コピー機のADF(オートドキュメントフィーダ)をご利用いただけます。

裁判所から嘱託された場合の鑑定書

通常は正本1冊,副本2冊を製本した鑑定書を発行いたします。
なお,製本冊数の増減などはご指示通りにいたしますのでお申し付けください。