筆跡鑑定について「筆跡鑑定の方法」

筆跡鑑定は3つの鑑定手法から結果を導き出します。

1.伝統的な筆跡鑑定

第一の観点は,筆跡を大別して5項目,詳細にして約50項目からなる要素により,比較分析を行い,異同の判断を行います。一般に「伝統的な筆跡鑑定」と呼ばれる作業に当たります。
これは,一人の人間が書いた,同じ文字の中に表れる「書き癖」を明らかにして,鑑定を行う対照の筆跡から同じ文字を探し,その書き癖を見い出して比較鑑定を行いますが,文字の送筆画(点画)を一本一角つぶさに観察し,起筆(書き始め)・送筆(途中)・終筆(書き終わり)の状態や,転折(曲がる部分)・接画(線と線がつながる様子)・連続送筆(続け書き)・気宇(偏と旁の間隔)の広狭状態など…「葉」から「森」までを観察するように,詳細に比較観察する作業です。専門的には,「書き癖」を「常同性」と呼び,常同性を伴う異同の判断を行うことを指します。
伝統的筆跡鑑定の観察点
※上図はイメージ。比較対象するポイントは,文字の数に応じただけあると考えます。

2.計測的な筆跡鑑定

第二の観点は,文字の送筆画の長さや,転折の角度・空白の面積・偏と旁の大きさなど,計測できるものを数値に置き換え,比較観察する作業です。「計測的な筆跡鑑定」と呼んでいます。

文字は,同じ人物であっても,書くたびに大きさや形が若干変化します。これは,罫線のあるノートや,原稿用紙に文字を書くときと,無地の紙に文字を書くときなどでは,執筆制限のかかり方が変わるためです。「執筆制限」とは,「枠内に収まるように書かなければならない。」といったものや「文字列をまっすぐに書こう。」というような,意識の有無にかかわらず起きる現象のようなもので,書字能力のある方なら,日常的に受ける制限です。
そのため,異なる書類に書かれた筆跡の大きさ等を,単純に比較しても無意味であるため,各書類内での比率計算を行い,異なる書類間の比率を比較する必要があるのです。

「な」字第1画・第3画長さ計測「な」字第1画・第3画長さ計測2
※送筆画の計測の様子。ここで得た送筆画の長さを比率計算に使用します。

数値の計測や計算及び解析は,客観性や透明性,公平性が必要な筆跡鑑定に不可欠な観点となります。弊所では,上記に代表される,第三者の検証が可能な鑑定方法を採用しており,これらを含む計測と検証を経て,鑑定結果の根拠を導き出していますが,鑑定書に記載する際には,解説内容の必要に合わせて,図解を掲載しているため,全ての解説に付随するものではありません。

3.科学的な筆跡鑑定

第三の観点は,筆圧の状況を,特殊な技法を用いて可視化する「画像補整技術」による鑑定です。筆圧の程度が同様であるか否かを比較し,異同の判断に加えます。原本資料が必要であり,筆記具等により観察作業の可否がありますが,可能な限り判断に加えています。

筆圧の画像補整観察のサンプル
※同一人が執筆した文字列の例。筆圧の強弱を観察し,異同の判断材料に加えることがあります。

このほかにも,鑑定結果を決定する観点は無数に存在するため,田村鑑定調査ではこれらの観点を総合して,最終結果を導き出しています。

鑑定報告書の特長

筆跡異同診断書

筆跡異同診断書では,筆跡鑑定の結果や理由をお知らせすることを目的としており,要点解説と鑑定で得られたデータを掲載することにより,第三者への証明用としてご利用いただくことができます。

image1
筆跡には書かれた日付があります。これを執筆時期といい,筆跡鑑定では執筆者が不明な筆跡(鑑定資料)と,執筆者が明確な筆跡(対照資料)の執筆時期を調べ,時系列に沿った客観的な鑑定を行う必要があります。
資料番号付与表(左上図)は,筆跡異同診断書に添付される鑑定資料と対照資料の時系列データです。執筆時期のかい離状況を一日単位まで正確に明らかにし,鑑定資料の日付に近い対照資料から,優先的に鑑定を行い,客観性を確保しています。

また,右上図は共通漢字集計表です。鑑定資料と対照資料に共通して執筆されている文字を精査して執筆回数をカウントし,鑑定資料と対照資料の両方で多く執筆されている文字を優先的に鑑定していきます。
漢字・平仮名・片仮名・算用数字・ラテン文字・記号の6文字種を余すことなく集計することにより,執筆者が無意識のうちに選択している文字種を明らかにして,執筆者特有の傾向を把握することにも使用します。

鑑定で得られたデータを公表することは,筆跡鑑定において客観性・公平性・透明性を維持することに欠かせないものであると考えています

鑑定書

鑑定書ではグラフィックを多用し,見るだけでご理解いただける解説をしています。
これまでの筆跡鑑定書は,筆跡の画像を掲載してその解説を並行して行うというものでしたが,筆順を追って解説するため,画数の多い文字では途中でどの部分のことを読んでいるのかわからなくなるというストレスが生じることがありました。鑑定用語を簡素にしても,矢印で指摘しても「わかりやすい」と感じていただくには及ばない状況でした。
こうした状況を是正すべく,グラフィックを導入した鑑定書を作成。送筆画の長さの違いや,送筆画度の表示,筆順の表示,交差する送筆画の角度表示などにグラフィックを導入し,一目で判読できるように作成しています。

senbun1
※上図は,送筆画の長さの違いをグラフィックで表現した例です。

kakudo11kakudo21 kakudo31
※上図は,送筆画度にグラフィックを用いた例です。第三者の検証が可能なように,分度器を使用します。

hitujyun2
※上図は,グラフィックを使い筆順の違いを表現した例です。

kubun3
※上図は,交差する送筆画の角度の違いをグラフィックで表現した例です。

文字列のグラフィック表現例

kasousen1
※上図は,固有名詞の観察に,「仮想枠線」を使用したグラフィックの実例です。

筆跡鑑定は,ご依頼のたびに鑑定を行う文字が変わるため,筆跡鑑定書の内容や掲載する文字,解説の仕方もその都度変わります。弊所では1件ごとに,鑑定結果に見合ったグラフィックの使用と,解説を織り交ぜ,「わかりやすい鑑定書」の作成に研鑽を重ねています。

お客様の用途に合わせた報告書の作成

筆跡鑑定をご依頼されるお客様は,裁判資料が必要な弁護士様から,社内調査用の法人様,相続や生活に直結したお悩みを持つ個人様といろいろな方がいらっしゃいます。弊所ではお客様の用途に合わせて,報告書をカテゴリ別に分類し,ご予算内に見合うように作成しています。

筆跡データベースの活用

文字は,どなたが書いても同じようになる箇所があります。それは「あ」という平仮名は,どなたが書いても「あ」と読めなくてはならないからであり,普遍的な特性を持つ意思疎通の手段になり得ている所以でもあります。
文字を書く際に表れる,ある程度確かな事柄がなければ,私が書いた「あ」は,誰にも読めず,意思疎通の手段として,文字は使用できなくなります。

誰にもある筆跡の類似~書字行動の蓋然的な事象~

弊所では「文字を書く際に表れる,ある程度確かな事柄」を「書字行動の蓋然的な事象」と定義しています。書字行動とは「文字を書く行為」のことで,蓋然的というのは「ある程度確かであるさま」,事象は「表面に現れた事柄」というような意味合いがあります。
この判断に欠かせないが,筆跡データベースです。鑑定している文字の観察部分が,書字行動の蓋然的な事象であるのか否かという判断は,複数の人間が書いた文字から探るしかなく,大量のサンプルが必要となり,そのために筆跡鑑定で得られた「生きた文字」が必要となるのです。
まれに,書字行動の蓋然的な事象のみを取り上げて「筆跡が同一」という鑑定結果を出している鑑定人を見かけますが,検証が足りているかという疑問が湧きます。
弊所では開設当初から筆跡データベースを作成し,書字行動の蓋然的な事象の判断や,希少性の判断などに活用し,十分な検証を経た鑑定結果を導き出しています。


筆跡鑑定の関連ページ


筆跡鑑定を行う【田村鑑定調査】の概要

名前 田村鑑定調査
住所 〒245-0024 神奈川県横浜市泉区和泉中央北1丁目1−7
TEL 045-805-5591
FAX 045-805-5593
メールアドレス kan-t○yjrc.jp (○は@です)
鑑定作業 8:00~19:00
URL https://www.yjrc.jp

 

2016-09-29