よくあるご質問

筆跡の資料は,コピーでも大丈夫ですか?

筆跡鑑定は,原本資料で行うことが望ましいですが,原本をコピーした資料や,写真撮影した資料でも鑑定を行うことができます。また近年では,FAX受信文でも機種により画質が良好なものがありますので,鑑定可能なケースもあります。

書かれた時期が離れていますが,鑑定できますか?

執筆者が不明な筆跡(鑑定資料)と,執筆者が明確な筆跡(対照資料)が書かれた日付(執筆時期)は,近いほど鑑定精度が増します。対象者のご年齢にもよりますが,プラスマイナス10年以内の範囲でお探しください。執筆時期に大きな開きがあるという場合には,事前にご相談ください。

筆記具が違うと,筆跡が変わると思いますが鑑定できますか?

硬筆と硬筆,毛筆と毛筆のように,同じ筆記具どうしの筆跡で,鑑定を行うことが望ましいです。硬筆と毛筆などでも鑑定は可能ですが,書体により可否が分かれる場合がございます。弊所ではご依頼いただく前にお知らせしていますので,お気軽にお申し付けください。

遺言書とメモ書きでも鑑定できますか?

遺言書や契約書,手紙文,養子縁組届,中傷文,落書きなど,何を書くかにより,執筆時の気構えが筆跡に反映され,様相が変わる方がいらっしゃいます。筆跡鑑定は,できるだけ同じ性質の資料で行うことが望ましいので,例えば遺言書の鑑定を行う場合,お手紙や契約書等,人に読ませたり,残したりする目的で書かれた筆跡が,対照資料として向いています。

筆跡資料の枚数には,限度がありますか?

鑑定資料と対照資料で異なるため,個別にお答えします。資料が複数ある方は,筆跡異同診断書(集団鑑定報告)等をご利用ください。

鑑定資料

料金が発生する基本単位は1部です。書類1枚,手紙文1通。契約日が同じ契約書1冊などが該当します。手紙文は封筒を含みます。
例)遺言書が便せん3枚に書かれ,「遺言書」と題された封筒に入れられ,封印がされていた場合,封筒を含め,遺言書3枚すべてが,基本単位の1部になります。

対照資料

料金が発生する基本単位は1名様です。1名様の筆跡であれば,何枚ございましても料金は変わりません。

どんな文字でも鑑定できますか?

日本では日常的に「漢字」・「平仮名」・「片仮名」・「算用数字」・「ラテン文字(アルファベット)」・「記号」の6つの文字種が使用されています。鑑定資料は,文字種が多いほど鑑定精度は高くなりますが,「算用数字」や「記号」のみの鑑定も可能です。稀なケースでは,絵文字の筆跡鑑定がございます。

報告書の種類が多数あり,どれにすればいいか迷います。

用途やご予算に合わせ,お客様に適正な報告書をご案内いたしますので,ご遠慮なくお申し付けください。

筆跡鑑定の結果は,どのように書かれるのでしょうか?

筆跡鑑定は,鑑定資料や対照資料が原本であるか,コピーであるかといった状態や,執筆時期及び,共通して書かれている文字の数量,または筆記具や書式によって,鑑定確度が変化します。弊所では鑑定確度により,鑑定結果を以下のように分類して,報告書へ記載しています。

鑑定確度 鑑定結果の表記 表記の意味
断  定
(最高)
同一人の筆跡 同じ人物により,執筆されたと判断される筆跡。
別人の筆跡 異なる人物により,執筆されたと判断される筆跡。
ほぼ断定
(高)
同一筆跡 同様の慣性で執筆されたと判断される点を,多く包含する筆跡
不同筆跡 異なる慣性で執筆されたと判断される点を,多く包含する筆跡
やや暫定
(中)
同質な筆跡 書字行動の性質が,同様な部分がある筆跡。
異質な筆跡 書字行動の性質が,異なる部分がある筆跡。
暫  定
(低)
類似した筆跡  類似する点が,相違する点より多く観察される筆跡。
相違した筆跡 相違する点が,類似する点より多く観察される筆跡。

弊所では,筆跡鑑定に関わる様々な要素の精密さを「鑑定精度」とし,それらを総合して得られる鑑定結果の確かさを「鑑定確度」と表示しています。

 その他

「些細なことだけど…」と思われるモヤモヤした疑問は,どうぞ田村鑑定調査へご相談ください。また,筆跡鑑定の作業までを無料で行いますので,鑑定結果が出てからのご相談なども,お気軽にお申し付けください。


 

2017-05-22