鑑定人プロフィール

個人情報保護士認定証 代表鑑定人画像

氏名 田村真樹(たむらまさき)
事業所名・役職 田村鑑定調査 代表鑑定人
事業形態 個人事業
事業内容 筆跡鑑定,印章鑑定,特殊鑑定,古物商
所属団体・役職 日本筆跡鑑定協会 事務局長
比較筆跡鑑定研究所 瑞明会同人
日本司法支援センター(法テラス)サポーターズクラブ会員 №00585
特別民間法人 横浜商工会議所 会員
一般社団法人 戸塚青色申告会 会員
全日本情報学習振興協会 個人情報保護士 認定番号1542-1500-0325
許可証番号 神奈川県公安委員会 第451920001572 号
[略歴]
1971年 神奈川県大和市に出生。
~1989年 幼少のころより,高等学校卒業まで書道を学ぶ。
1989年~2002年 高等学校卒業後,会社員として勤務。携わっていた職務から『労働省(当時)認定ピーオーピー広告クリエイター』資格を取得。
書道とは異なる執筆方法を学び,書字行動の奥深さや可能性を徹底して研究する。
2002年 永続勤務していた会社を自主退職し,自身の夢であった筆跡鑑定業の開業準備に入る。
社団法人 日本調査業協会会員 神奈川県調査業協会に入会
(2004年自主退会)。
2003年 7月,独立し「田村鑑定調査」を開業。筆跡鑑定の詳細な解説と,定額料金の設定を備えたホームページを同時に開設する。
2008年 業界初の試み「お客様アンケート」を開始。鑑定が終了したお客様のお声から,様々な鑑定内容の創設や,筆跡研究を行う原動力とする。
2012年 赤外線機材を使用した筆跡鑑定の研究に着手。赤外線マイクロスコープ,赤外線カメラの導入に加え,赤外線スキャナーの自主制作(改造)を行い,成功させる。
2013年 開業10周年を迎え,それまで高額であった「筆跡鑑定書」に,共通文字数による従量課金制を導入し,用途に応じてご利用しやすい料金改定を行う。
2014年 鑑定依頼件数が累計1,000件を突破。鑑定実績も延べ2,000件に達する。
2015年 開業12周年を迎え,ホームページを完全リニューアル。営業努力による料金体系の見直しを図り,初期鑑定を更にご利用しやすい価格に改定する。
2016年 ホームページ閲覧者の安全に配慮し,サイト全体にSSL暗号化通信を採用。セキュリティ強化を図る。
[対外的活動]
2008年 事業所の枠を超えた,民間の鑑定協会設立のため,協力業者への呼びかけや基礎集会の幹事を行う。これは後の日本筆跡鑑定協会の母体となる。
2009年 日本筆跡鑑定協会発足。発起人として世話役を兼務する。
2010年 日本司法支援センター「法テラス」 サポーターズクラブに会員登録(№00585号),
日本筆跡鑑定協会 初代事務局長に就任。
2011年 日本筆跡鑑定協会が行う,東日本大震災 被災者の方への鑑定料金の全額免除(復興支援ボランティア)を支持し,協力業者として参加。
2016年 個人情報や企業情報等の管理体制の強化として「個人情報保護士」の認定資格を取得。

 

2017-05-22