鑑定が可能な筆跡

一般的に使用される行書体は,筆跡鑑定がほぼ可能です。楷書体は未成年者に多く見られますが,点画や筆順の確認がスムーズに行えるため,低年齢の方の文字でも鑑定を可能にします。草書体は毛筆に多く見受けられ,執筆者の癖が強く表れることが多く,鑑定できる可能性が硬筆と比べてわずかに下がります。しかし,これら三書体はいわば普通の文字なので,筆跡鑑定に支障をきたすことが少なく,鑑定不能の判断をすることは滅多にありません。
弊所では,通常の書き方ではない筆跡や,近年新たに加わった「筆記具」による筆跡の研鑽を重ねており,鑑定を行うことを可能としています。

定規を使用した筆跡の鑑定

jh-sample1

定規を使用して書かれた筆跡は,怪文書などによく見られます。定規を使用することにより,曲線の運筆が困難になるため,執筆者の本来の筆跡を隠匿することや,読み手に気味の悪い思いをさせることが狙いであると思われます。
しかし,筆跡の調査では,単に形態のみを観察するものではなく,筆跡の向こう側にいる,執筆者の筆癖を見い出すことにありますので,定規で書かれた筆跡であっても,鑑定は可能なのです。

文字型定規を使用した筆跡の鑑定

jh-sample2

こちらは,筆跡を作成できる,テンプレート定規による筆跡ですが,やはり怪文書に多く見られます。直線定規を使用した筆跡と異なり,曲線をきれいに書くことができ,平仮名・片仮名・漢数字・算用数字などの型があり,それなりの文章を作成することが可能であり,また短時間で筆記することができるため,比較的長文の怪文書に使われます。執筆者は,自身の筆跡を完全に隠匿することができると考え,このテンプレートを使用すると推測されます。
しかし,テンプレートで筆記した筆跡にも,わずかではありますが,執筆者の筆癖が表れてしまう部分があり,筆跡を調査することができます。また,文章を作成する場合,執筆者の言い回しや,よく使用する語句があり,「てにをは」の使い方から,起承転結に至るまで,執筆者の個性が表れていることがあるため,観察の幅を広げ,鑑定を可能とすることができるのです。

ペンタブレットの筆跡鑑定

01a3c6457767ac2b7a878fdb0c4732de_s

近年,携帯電話の契約などで,署名を求められるときに用いられるようになった,タブレット端末に専用ペンで筆記を行った筆跡です。筆跡がタブレット端末にそのまま残るタイプでは,紙などに筆記するときと同じように筆記できるため,執筆者固有の筆跡が残せるようです。また,専用ペンやタブレット端末の機能も日々向上しているようで,印刷された筆跡は,紙に筆記された筆跡をコピーした程度の精細さがあります。
筆跡の調査において,いわゆる「原本」は,タブレット端末の上に筆記した「痕跡」になりますが,筆記の瞬間に消えてしまい,また,別の契約にも使用されるため,原本が保存されることはありません。従いまして,パソコン上に保存されたデータを印刷した筆跡を使用することになりますが,上述のように,タブレット端末と専用ペンの精度が向上していますので,調査することができます。
※弊所では,現在では一般的になりつつある,ペンタブレットによる署名における本人確認の精度に関して,数年前に大手通信事業者から試験的な鑑定依頼を受件した経験があり,複数人の筆跡鑑定において鑑定精度が100%近くに達したことを踏まえ,鑑定可能であると判断しています。


 

2017-09-15