2017.5.1筆跡試料の作成

2017-05-16

筆跡試料作成 通算25回目

前回(2017年4月11日)の試料作成のときは,浅田真央さんの引退が報じられていました。

最近は,北朝鮮に関連した話題が多く,物騒ですね。

昨年までの議論の段階では,有事の際に国民の生命と財産を守るためと言われていましたが,実際に国家間の緊張した状況に置かれてみると,アメリカの艦隊を防護するという理屈は,行う側の言い分であって,相手方や他者から見れば,軍事に加担しているとみなすこと以外に,どのような解釈が選択肢としてあるのか。
そもそも視野が狭くなることが予想される「戦時」において,「こうすれば,こうなるだろう」などという相手の出方予想は希望でしかなく,根拠のない性善説で生きてこれた者の楽観であると思われてなりません。

その一方で,ミサイルが一発飛んでくれば「それまで」となる状況にもかかわらず,潮干狩りを楽しむ人々の写真が同じ紙面に掲載されていて,奇妙な違和感を覚えます。

物陰に身を潜めてやり過ごせるなら,その方がいいと小生は思うのですが,近年はテレビ番組で「最強」や「緊急参戦」等の言葉がやたらと使われたり,「戦闘して勝利すること」を好む風潮が,子供の漫画やゲームの隅々まで浸透したりと,現実をマヒさせる要素が,生活の中に多くあるのではないかと思いを馳せてしまいます。

どうか,ゴールデンウイークが「黄金週間」のままで終わりますように。


最後までお読みいただき,ありがとうございます。