怪文書に関する筆跡鑑定

執筆者を筆跡鑑定で突き止める

怪文書は「告発文」に始まり,「中傷文」・「お客様アンケートの偽装」・「成りすましによる通販はがきの申込み」・「落書き」など,遺言書や契約書と大きく違うところは,執筆者の存在が見えないことにあり,それが怪文書の特性ともいえます。
この場合の筆跡鑑定は「執筆者の発見」が目的となりますので,「疑わしい人物」がいて,対照資料が入手可能な場合に,鑑定が可能となります。大半は「犯人捜し」的に行われますが,疑いを掛けられた方が自身の筆跡で鑑定依頼をされるケースもあります。
怪文書を受け取った方は被害者となりますが,「疑わしい人物」の選抜や,的確な対照資料をそろえないと,第二の被害者を生む危険もありますので,細心の注意が必要となります。

怪文書の筆跡鑑定は,原本で行うことが基本

怪文書が書類に執筆されている場合,原本の貸出しが可能であれば,原本の詳細観察により,その怪文書に書き直しや下書きがあったことが判明し,意外なところから動かぬ証拠が出ることがありますので是非ご提出ください。コピー資料しかお手元にない場合には,コピー回数が少ない方が鑑定資料として良いため,お手元のコピーをご提出ください。
壁や建具などに落書きをされた場合には,原本(壁など)をお送りいただくことができませんので,写真を撮影してお送りいただきます。怪文書の筆跡部分に対し,平行・垂直な位置から,十分な照明の下で撮影します。写真は全体像のほか,部分的に拡大したものを撮影していただけると良いと思います。

筆跡鑑定の比較対象者は,慎重に選定します

怪文書の鑑定は,誤った鑑定により,疑われた方や,ご家族などに影響を及ぼすこともあります。また,徒労に終わることも少なくありません。「白黒をつける」ことも重要ですが,「冤罪を作らない」ことも視野に入れて,慎重に選びます。
不特定多数で,どのように選んでいいかわからない場合などは,方向性診断をご利用いただくことをお勧めいたします。

対照資料は,怪文書と同様のものを

怪文書の性質により,対照資料の性質も変える必要があります。
「この者が,怪文書を執筆したのではないか?」と疑わしい人物がいる場合には,その方の筆跡資料を集めていただきますが,怪文書が「告発文」であれば,対照資料も「文章」が望ましいです。「落書き」の場合には「メモの走り書き」などがいいでしょう。
しかし,「落書き」の怪文書に,「履歴書」を対照資料としても,執筆時の気構えや姿勢が異なりますので,絶対に不可というわけではありませんが,最適な対照資料であるとは言い難いです。

怪文書の鑑定は難易度が高いため,対照資料の選別にはコツが必要となります。
「サンプル筆跡」を社内などで集めていただくケースや,特定の人物の筆跡を収集する方法もありますのが,的確な資料で,精度の高い,確かな鑑定結果をお求めいただくために,まずは御相談ください。


 

2016-10-03