怪文書の鑑定・解読を希望するなら明確な料金設定の【田村鑑定調査】へ~怪文書が届いた際の対処法~

怪文書の鑑定・解読のことなら

怪文書の鑑定・解読のことなら

怪文書の鑑定・解読をご希望でしたら、【田村鑑定調査】をご利用ください。

怪文書は執筆者の存在が見えないこともあり、不安や精神的苦痛を抱えている方も少なくありません。【田村鑑定調査】は、告発文から偽装文・挑戦文・成りすまし文まで、あらゆる怪文書を鑑定・解読いたします。

怪文書に関する鑑定は、偽造者の発見が第一目的となります。偽造者を発見するためには、疑わしい人物の特定と筆跡がわかる対照資料が必要です。【田村鑑定調査】では、対照資料の収集方法もご紹介しております。対照資料に関することでご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

怪文書の鑑定は明確な料金設定の【田村鑑定調査】へ

怪文書の鑑定は明確な料金設定の【田村鑑定調査】へ

怪文書の鑑定を承る【田村鑑定調査】は、明確な料金設定でサービスを提供する鑑定所です。

鑑定にかかる料金は、鑑定料・報告書作成費用・送料を含んだものになっておりますので、安心してご利用いただけます。

サイト内に、各カテゴリー別で料金を掲載しておりますので、鑑定をご希望の方は参考にしてください。また、ご相談(1時間)・料金のお見積りも無料で承っております。「料金がいくらかかるか不安…」という方は、お見積りをご依頼ください。

怪文書が届いた際の対処法

万が一怪文書が届いた際には、最初に事実確認などの調査をすることが大切です。

例えば、オフィスに手紙やファックスなどで怪文書が届いた場合、社員や退職者、取引先企業など対象者がなかなか限定できず、特定することは容易ではありません。しかし、放置していては状況の悪化につながるおそれがあります。

また、個人の場合でも、証拠を掴むことが対策として必要です。疑わしい人物がある程度特定できるのであれば、怪文書の原本やコピーなどの証拠を、しっかり保管しておくようにしてください。証拠品は、怪文書の送り主を探し出す際に役立ちます。

個人様・法人様問わず、怪文書問題を解決するために最も重要なのは、迅速で的確な判断です。被害を最小限に抑えるためにも、できるだけ早い対応を心がけましょう。手書きの怪文書であれば筆跡鑑定を行いますので、【田村鑑定調査】へお任せください。

怪文書の鑑定を依頼したい方は【田村鑑定調査】へ

名前 田村鑑定調査
住所 〒245-0024 神奈川県横浜市泉区和泉中央北1丁目1−7
TEL 045-805-5591
FAX 045-805-5593
メールアドレス kan-t○yjrc.jp (○は@です)
鑑定作業 8:00~19:00
URL https://www.yjrc.jp

2018-05-17