筆跡鑑定書の作成を依頼するなら養子縁組届・委任状の筆跡鑑定も行う【田村鑑定調査】~筆跡鑑定が求められる背景~

筆跡鑑定書の作成を依頼するなら~養子縁組届・委任状の筆跡鑑定もお任せ~

筆跡鑑定書の作成を依頼するなら~養子縁組届・委任状の筆跡鑑定もお任せ~

筆跡鑑定書の作成を依頼したいとお考えでしたら、【田村鑑定調査】へお任せください。

法人様・個人様問わず、遺言書や契約書などの一般的なものから怪文書・養子縁組届・委任状まで、あらゆる筆跡鑑定を承っております。

また、筆跡鑑定と印章鑑定を統合した鑑定書や赤外線透過検査による筆跡の鑑定書など、多角的な筆跡鑑定書をワンストップで作成することが可能です。お客様のご利用用途に応じた筆跡鑑定書を提供いたしますので、ぜひ【田村鑑定調査】へご相談ください。

アフターケアも充実している【田村鑑定調査】

【田村鑑定調査】は、5年間のアフターケアを行う鑑定所です。鑑定結果の報告を受けてからの対処、再鑑定の資料集めに関するアドバイスの他、訴訟を検討されている方には弁護士事務所のご紹介もさせていただきます。

また、個人情報保護士の有資格者が在籍する【田村鑑定調査】では、個人情報・企業情報の保護も徹底しております。専門知識を活かして、お客様の大切な情報が漏洩しないようリスクを排除してまいりますので、安心してお任せください。

筆跡鑑定が多くの人から求められる背景

筆跡鑑定が多くの人から求められる背景

超高齢化が進む中、家族間で取り上げられる課題の一つに相続があります。

高齢者が人口の半数以上を占めているので、相続について考えなければならない場面も当然多くなっていると思います。その相続の際に、重要となるのが遺言書です。

遺言書が発見されたとしても、実際本人が書いたものか、効力がある遺言書なのか、それによって相続人に大きな影響を与えてしまいます。

また、高齢者の場合、認知症になっている可能性もゼロとはいえません。そのため、遺言書に効力があるかを証明する手段として、多くの方が筆跡鑑定を依頼されているのです。

また、急増しているいじめ問題の深刻化も、筆跡鑑定の依頼が増加している要因となります。脅迫文やいやがらせの落書きなど加害者が特定しにくいものは、被害者やそのご家族が泣き寝入りしてしまうケースも少なくありません。そのような問題やお悩みを解決するための方法として、筆跡鑑定を依頼する方が増加しています。

筆跡鑑定書が必要な方は【田村鑑定調査】へ

名前 田村鑑定調査
住所 〒245-0024 神奈川県横浜市泉区和泉中央北1丁目1−7
TEL 045-805-5591
FAX 045-805-5593
メールアドレス kan-t○yjrc.jp (○は@です)
鑑定作業 8:00~19:00
URL https://www.yjrc.jp

2018-05-17